DC4

今よく言われてる「草食系」にはなったらあかん! 野獣のような「肉食系」になるため、今は肉ばっかり食べてるよ。

Gethでetherを送金する

前回作成した環境を使い、アカウント作成/マイニング/送金まで行っていきます。

gethを試すためのDocker環境を作った。 - DC4

以下コマンドでGethのインストール後、テストネットに接続します。

$ docker-compose build
$ docker-compose up

起動後暫くはDAGのダウンロードが行われます。
DAGは ethereumのPoWに必要なもので、詳しくは以下を参照して下さい。
Ethash DAG · ethereum/wiki Wiki · GitHub

コンテナに接続後、Gethにアタッチします。

docker exec -i -t gethdockersample_geth_1 /bin/bash
geth attach ipc://eth_data/geth.ipc

アカウントの作成

以下のコマンドでアドレスを発行します。
引数に入れたパスワードを忘れるとEtherが引き出せなくなるので注意して下さい。 0xから始まる値がアドレスとなります。

> personal.newAccount("hoge1")
> 0x3f10fa5b63d60f1bc89783a11c415b99fe5aac3a

送金受信用としてもう一つアカウントを作成します。

> personal.newAccount("hoge2")
> 0xf7637d91ab359f567e97e901bf4ef75142fb6e96

ここで作成されたアドレスの情報はkeystore配下に格納されています。
以下ファイルを移動する事で別のノードへアドレスを移動することができます。

root@943656414d81:/# ll eth_private_net/keystore/
total 16
drwx------ 2 root root 4096 Aug 12 15:49 ./
drwxr-xr-x 5 root root 4096 Aug 12 15:49 ../
-rw------- 1 root root  491 Aug 12 15:49 UTC--2017-08-12T06-49-18.310228365Z--3f10fa5b63d60f1bc89783a11c415b99fe5aac3a
-rw------- 1 root root  491 Aug 12 15:49 UTC--2017-08-12T06-49-22.989639328Z--f7637d91ab359f567e97e901bf4ef75142fb6e96

マイニング

以下コマンドでマイニング開始/終了が行われます。

> miner.start()
true
> miner.stop()
true

暫く待つと最初に作成されたアドレスにマイニング報酬が付与されます。

> eth.coinbase
"0x3f10fa5b63d60f1bc89783a11c415b99fe5aac3a"

> eth.getBalance(eth.coinbase)
9.575e+21

f:id:Yasun:20170812172900p:plain

送金

マイング報酬を持つアドレス 0x3f10fa5b63d60f1bc89783a11c415b99fe5aac3a から 0xf7637d91ab359f567e97e901bf4ef75142fb6e96 へEtherを送金してみます。

送信元アドレスのロックを解除します。

> personal.unlockAccount(eth.coinbase)
Unlock account 3f10fa5b63d60f1bc89783a11c415b99fe5aac3a
Passphrase:
true

10ETHを送金します。実行後にトランザクションのアドレスが発行されます。

> eth.sendTransaction({from: eth.coinbase, to: "0xf7637d91ab359f567e97e901bf4ef75142fb6e96", value: web3.toWei(10, "ether")})
"0x161da21dfe25da7920bd084c33f66863dedac0248dd92ccb84bdd11e09c33e58"

直後に受取側の残高を確認します。

> eth.getBalance('0xf7637d91ab359f567e97e901bf4ef75142fb6e96')
0

この時点ではまだ送金トランザクションがブロックに取り込まれていないため、残高が反映されていません。 マイニングを開始し、残高を確認します。

> miner.start()
> true
> eth.getBalance('0xf7637d91ab359f567e97e901bf4ef75142fb6e96')
10000000000000000000

10000000000000000000wei がアドレスに反映されています。
weiとはetherの最小単位であり、1weiは1etherの10^-18です。

10etherを受け取ったアドレスから5etherを送り返します。

> eth.sendTransaction({from: "0xf7637d91ab359f567e97e901bf4ef75142fb6e96", to: eth.coinbase , value: web3.toWei(5, "ether")})
"0x5e92caf1391a234aefa768dc8dcd32692da4412523c8c97912d3bb4227c9f4aa"

> eth.getBalance('0xf7637d91ab359f567e97e901bf4ef75142fb6e96')
4999580000000000000

5etherに加えて送金手数料として0.00042etherが余分に支払われていることがわかります。

手数料の内訳を確認するため、送金トランザクションの詳細を確認します。

> eth.getTransaction('0x5e92caf1391a234aefa768dc8dcd32692da4412523c8c97912d3bb4227c9f4aa')
{
  blockHash: "0x1e7127bdba210c3a8f75d26e5508dc9ab00a51f1534543670b7b6aedcedd7435",
  blockNumber: 1924,
  from: "0xf7637d91ab359f567e97e901bf4ef75142fb6e96",
  gas: 90000,
  gasPrice: 20000000000,
  hash: "0x5e92caf1391a234aefa768dc8dcd32692da4412523c8c97912d3bb4227c9f4aa",
  input: "0x",
  nonce: 0,
  to: "0x3f10fa5b63d60f1bc89783a11c415b99fe5aac3a",
  transactionIndex: 0,
  value: 5000000000000000000
}

上記で手数料に関係するのは gasgasPrice の値です。

少しややこしいのですが gas とはトランザクション処理時の最大の 手数料値 です。
実際に発生する料金ではなく、最大で発生する可能性のある料金です。
この値は実行されるトランザクションの内容によって変動し、estimageGasメソッドを用いて見積もる事が可能です。

gasPriceとは 1 gasが何weiかを表す値です。
この値は常に変動しており、gasPriceメソッド等を用いて確認することができます。
Ethereum Average GasPrice Chart

上記の場合は、90000(gas) * 20000000000wei(gasPrice) となり、 最大で0.0018etherの手数料が発生する可能性がある、ということになります。

今回はここまで。