読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DC4

今よく言われてる「草食系」にはなったらあかん! 野獣のような「肉食系」になるため、今は肉ばっかり食べてるよ。

Supervisorでプロセス管理

CentOS 6.2 にSupervisorをインストールした際のメモ

epelが必要です。

そのまま。

yum --enablerepo=epel install -y supervisor

でOK

ちなみにepelは

# vi /etc/yum.repos.d/epel.repo

の 「enabled=1」となっている箇所を「enabled=0」にする事で、 明示的に指定した時のみ適用されます。

以下の設定ファイルに起動したいコマンド等を追加

# vi /etc/supervisord.conf

よく使うコマンド

service supervisord start
service supervisord stop
supervisorctl status
service supervisord restart

設定内容はこちらを参照

適当なスクリプトをデーモン化するのにSupervisorが便利

本家